Uncategorized

無視せざるを得ぬ町・・・っ! 3話 あらすじと感想

無視せざるを得ぬ町・・・っ!

3話

「先生に指名された子に」

「電マをあてることにしまーす!」

 

授業中に、

バイブをもちながら教室中を歩き回る「俺」

 

クラス中のだれもが

「この状況で先生が指名するはずない」

と思っていた。

 

しかし、その信頼はあっさりと裏切られる

 

「え~じゃあ問い8を」

 

「柴田、答えて」

 

指名された温厚な女子、柴田は・・

 

3話 あらすじ

 

無視されていることを逆手にとり

抵抗できない女子に

エロいプレイをしかけていく「俺」

 

いつかの日の昼休みも、

彼の暴走はとまらず

「はい、こっちのおかずもどうぞ!!」

 

柴田という女子に

むりやり自分のチン○を

くわえさせて

フェ○をさせるのだった。

 

そして、授業中に

 

「先生に指名された子に」

「電マをあてることにしまーす!」

 

バイブをもちながら教室中を歩き回る「俺」

 

先生に指名された女子に

エロいプレイをしようとしている・・

 

女子生徒たちは、

 

先生がそんな挑発にのせられて

指名をするはずないと思っていた。

 

しかし「俺」は、

 

先生の中に眠る

男の欲望を刺激する。

 

「好みの生徒を指名したら、

その子のエロイ姿がみられるよ」

「先生だっているんでしょ?」

 

クラス中に緊張感が走る。

 

「じゃあ・・」

 

「柴田、答えてくれ」

 

「ええええええ!」

 

まさか、先生が本当に指名するなんて・・・!

 

ターゲットにされた柴田は

 

電マをあてられて・・

 

ヴいいいいいいいいいいいいいいいい

 

「あっあぅっ♡」

 

「だめっこれだめえッ♡こんな強い刺激ぃっ♡」

 

柴田はなんとか問題に答えるも、

 

「あーじゃあ次の問い9を、」

 

「柴田、答えて」

 

なんと、2度目の先生からの指名!!

 

よっぽど先生は

柴田のエロいとこを見たい様子。

 

バイブであてられて

いってしまう柴田。

 

さらに、チン○をいれられながら

 

バイブのダブル攻撃・・・!

 

もう、気持ちよすぎて

おかしくなってしまいそうな柴田は・・

 

3話 感想

いや~「俺」の暴走っぷりが痛快でしたw

 

昼休み中に

「フランクフルトもどーぞ!」と

 

女子に無理やりしゃぶらせるとことか

もう振り切った感がすばらしい笑

 

男がやりたくてもできない

妄想ワールドが繰り広げられています・・・!

 

さらに、

男教師の欲望をかきたてるのがうまいw

 

「先生がこの状況で指名するわけない」と

生徒たちが信じていたなか

 

あっさりと挑発にのり

好みの女子生徒を指名するエロ教師w

 

周りの男子も

このオイシイ状況を楽しんでいるのでは

ないでしょーか!?

 

前回の真由子とはまたちがったタイプの

胸も標準?サイズな

おとなしそうな柴田ちゃん。

 

バイブをあてられて

さらに入れられながら

どんどん乱れていく様子が

めちゃくちゃエロいです・・!

 

次回は別の子を指名するのかな?

 

もう先生としての威厳はないでしょうが

 

「いいぞもっとやれ」

と思ってしまいました!!笑

 

つぎも、楽しみです・・!