各話ネタバレ・感想

第二章その2 真面目な委員長のエロい秘密 ネタバレ感想

⇒公式サイトで無料試し読み⇐

次に先生に指名されたのは

真面目で正義感のつよい

委員長・・・!

 

先生はどうやら、

真面目な優等生タイプがお好きな様子

 

委員長のスカートをめくる「俺」

 

「お、委員長。ブルマ履いてたのか」

そう言いながら

電マを股間にあてる。

↓ネタバレの前に試し読みはこちらから↓

ヴィィィイイイン・・・

「…問い12の答えは5xです・・!」

 

好き放題にやられても

町長の命令には忠実に従い、

 

(この男を全力で無き者にする・・・!)

 

と、固い意志をもちながら

顔をあからめながらも

じっと耐えていた委員長。

そしてその授業の時間は終わった。

 

「彼」に耐えた・・!

そう思っていた委員長は

体育の時間にまたも狙われることに・・

 

ペロン

 

「俺」にブルマとパンツを脱がされる!

 

「こんなにでかく立派な尻が

不感症なんてありえるのか?」

「ブルマが厚かったからだ!」

 

そう思われて、脱がされたのだが・・

「なんだこれ!」

↓無料試し読みはこちらから↓

なんと、委員長は

「彼」の攻撃対策のためか、

アソコに絆創膏を何重にも貼っていた!!

 

「武装全解除!」

委員長は絆創膏を剥がされ

 

さらに上着とブラもはずされて

ほぼ生まれたままのすがたに。

 

み、みんなの視線を感じる・・・

 

なぜ私はいま・・

裸で校庭を走っているんだ・・・?

 

やたらと大きいおっぱいも

割れ目も・・・見られているのか・・・

 

大きい胸とおしりに集まる視線。

 

そして次の体操は・・

足をひらく、柔軟開脚。

 

だ、だめだ・・

そこだけは、絶対

見られたくないっ・・・!!

↓無料試し読みはこちらから↓

そうためらっていると

「俺」にむりやり足を広げられて・・

男子の視線が、体の下の方に・・

 

恥ずかしさと興奮で、

濡れてしまう。

 

そして、ク○をいじくりまわされ、

 

ク○がやたらに大きいことと、

日頃オ○しているだろうということが

皆の前で暴露されてしまう委員長。

 

「知られたくなかったのに・・」

「私のいちばんのコンプレックス」

「この恥ずかしいク○ト○スだけは絶対に・・」

 

そしていちばん敏感なところを

いじられ続けた委員長は絶頂を迎える・・!

 

⇒公式サイトで無料試し読み⇐

 

⇒第二章その3 ネタバレ感想はこちら⇐

感想

今回の委員長のキャラが個人的に好きです!!笑

 

典型的な優等生タイプかなと思っていたら

いまどきブルマをはいているというギャップに

まずやられましたw

 

町長の「彼」を無視して追放せよ

という命令にすこし疑問を感じつつも

 

あの素晴らしい人格者である

町長さんが決定されたこと・・

その行為に間違いがあるわけない・・!

 

と、偉い人への崇拝心もあったり。

 

さらに、

「彼」の性的な攻撃を予測してか

大事なとこは絆創膏でガードしているという・・

 

そして、

「なぜ私は・・」

「裸で校庭を走っているんだ・・?」

 

このシーンが最高にシュールでしたww

 

服着ても脱がされるから?

彼の存在を無視しないといけないから、

脱がされても抵抗してはいけないってこと?

 

その後も顔を真っ赤にして

裸のまま涙目で体操を

続ける委員長・・・

 

中断すればいいのに!!!

(という冷静なツッコミ入れました笑)

 

いやしかし、

この後の委員長のやられぶりと

 

まさかのオ○常習者!!!

 

真面目な優等生が

実は毎日のようにオ○ニーしていた!

という

ギャップはたまらんですねw

 

「知られたくなかったのに・・」

「私のいちばんのコンプレックス」

「この恥ずかしいク○ト○スだけは絶対に・・」

 

ク○をいじられて、

快感を抑えきれない委員長は

絶頂を迎えて、失神してしまうのですが・・

 

まだ委員長のターンは

続くみたいですね!?

⇒第二章その3 ネタバレ感想はこちら⇐

↓無料試し読みはこちらから↓