各話ネタバレ・感想

第四章 定食屋姉妹その3 結婚式に乱入し花嫁略奪セッ○ス! ネタバレ感想

無視せざるを得ぬ町っ・・!

第四章 定食屋姉妹その3

前回は、

貞操帯の焦らしプレイに耐え切れなくなった

姉妹がお互いの体を慰め合っていたが・・

ヤツによって貞操帯はまだ外されないまま、

姉の留美の結婚式が執り行われる日となった。

 

あ・・あれからどのくらい経ったのかしら・・

 

貞操帯をつけられたままの姉妹は、

顔を赤くしながら、息を荒くしている。

あ・・頭がくらくらして・・

なんとかして結婚式の間は気をしっかりもたないと・・

そのとき、

「その結婚、ちょっと待った~~~!!」

↓ネタバレの前に試し読みはこちらから↓

「・・なんてね昔こういう映画あったよな」

そう、無視しなければいけないヤツがやってきたのだ。

「留美ねぇ、香夜子、見たぞ張り紙」

そう、奴は姉妹が営む定食屋に貼られた張り紙を見て

やってきたのだ。

その張り紙に書いてあったことばは・・

【姉妹丼 はじめました】

最初に貞操帯をつけたときに奴がいった言葉・・

「二人とも目が覚めたらいってくれ」

「それ外して姉妹丼で食ってやるから」

【姉妹丼はじめました】の張り紙は

姉妹からのメッセージ・・

「どうにかして俺に限界伝えたかったのか?」

そして奴は留美の着物をむりやり捲り上げ、

貞操帯をあらわにする。

 

「うっわだいぶヤバそうだな。どうなってんの?この中」

「女の淫気がダダ漏れしてんだけど」

↓ネタバレの前に試し読みはこちらから↓

そして貞操帯を外すと・・

とろとろな愛液が漏れているマン○が露わに。

「うぉ~すげぇ!ありえねぇくらいよだれダラッダラ!」

そういいながら指をぐちゅっといれると

敏感になっていた留美のマン○はすぐさま反応し、

体中に電流が走ったような衝撃が走る!

「何日も熟成させただけあって」

「熱くてドロドロの肉がすげえ勢いで指に吸い付いてくるな」

そう言葉攻めしながら

ぐっちゅぐっちゅぐっちゅ・・と

さらに手マ○で攻め始める。

あまりの刺激に敏感に反応してしまう留美だが、

式を壊すわけにはいけないと必死に耐える。

 

だが、Gスポットを激しく刺激されて

絶頂を繰り返してしまう。

↓ネタバレの前に試し読みはこちらから↓

「指でこれならチ○ポいれたらどうなっちまうんだよ」

ずぶぶぶぶ・・・

 

「はぁああん♡あああああああっ♡」

チ○ポを入れられて激しく動かされ、

思わず喘ぎ声を上げる留美

 

深・・っああああっ

すご・・うずいていたとこ直接ぅうううっ

わ・・私はお嫁さんにならないと・・ダメっ・・

 

そう思いながらもたまっていた性欲が爆発してしまう・

「こんなじいさんに留美ねえのマ○コが宝の持ち腐れすぎるだろ」

 

「おらっいくぞっ!!」

「神様にみせてやれよ」

「おれのチ○ポに堕ちきっただらしねえ顔っ」

 そうして奴は射○し、留美も絶頂をむかえる・・

 倒れこんだ留美の横にいた香夜子に、奴は声をかける

 

「・・・さてと、なに呑気に座ってんだよ、香夜子」

 つぎは香夜子が○られる・・!!?

↓ネタバレの前に試し読みはこちらから↓

⇒第四章 その4 ネタバレ感想はこちら⇐ 

【感想】

今回はやっと!!

満を持してという感じの回です!!笑

貞操帯で何日も焦らされていた

留美のマ○コが解放されて

奴に○られるシーンが満載でした!!

 

結婚式で和装を着ている留美が

着物を捲られて、

○される様子がめっちゃエロいです!!

 

結婚式の妨害をして花嫁を略奪セッ○ス!!

これは男の夢ですね・・w

 

貞操帯によってそうとう熟されていた

留美のマ○コは、すこし手でいじられただけで

いっちゃいます♪

 

手だけでもかなりイかされていたのに

チ○ポを挿入したらもう・・

絶頂のさらに絶頂!!

はだけた花嫁の着物って

禁断のシーンを見ているようで

余計に興奮します・・!!

この章でいちばんエロくて抜けますので

今回の話だけ見てみるのもいいかもしれません!!

やっぱりエロい漫画を

スマホでこっそり読めるのが

ブッコミのいいところです♪

⇒第四章 その4 ネタバレ感想はこちら⇐ 

↓無料試し読みはこちらから↓